TRIM関数 空白を削除

関数[function]

TRIM関数とは指定の場所から空白を取り除く関数です。

どこかのサイトやPDFデータ、別実績ファイルからデータをコピペした場合に、ランダムな数の空白が入っていることがあります。

そういった際に空白を取り除く便利な関数となります。

=TRIM(【指定の場所】)
入力例:=TRIM(A2)

[入力例と結果]

このように非常に簡単な関数となります。

ぜひ覚えておきましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました